トップページ > 健康生活ネットワーク

健康生活ネットワーク

健康生活ネットワークについて

療院中庭の写真

MOAインターナショナルと提携する医療機関や、統合医療に理解ある医師などと連携して、地域レベルで岡田式健康法を中心に健康増進をサポートするのが、MOA健康生活ネットワークです。

岡田式浄化療法療法士、美術文化インストラクター、美育指導員、食育指導員などの資格を持つボランティアが、岡田式健康法を共に実践し、一人ひとりにふさわしい健康増進を一緒に考えサポートしています。

今日の日本では、教育、医療、防災・防犯などの面において、地域コミュニティの果たす役割が重要視されています。それだけに時代性に叶ったあり方が必要不可欠です。このMOA健康生活ネットワークは、地域の人の健康増進を図るのみならず、孤立感を深める高齢者のサポート、食育や美育を通じての青少年の育成、環境を守る地産地消の推進など、より良い地域づくりに貢献することを目的としております。

  • ・地域医療機関の連携と健康増進。
  • ・各種健康法セミナーの実施。
  • ・お花を中心とした光輪花クラブや公共施設への生け込み活動。
  • ・地域単位における料理教室の開催。
  • ・地域瑞泉郷における自然農法の実施。
ページトップへ戻る

健康増進セミナー

セミナー写真

健康生活ネットワークでは、療院や療院と連携する医療関係者などと協同して、地域コミュニティを活用した健康増進セミナーを各地で行っております。

このセミナーでは、心と体の調和と健康を目指して、生活習慣の改善の必要性や方法の提案、各種健康法の体験などを主として健康問題の解決に取り組んでいます。

様々な体験を通して充実した時間をお過ごしいただけるよう、来られた方々のその後の日常生活にお役立ちいただけるよう、岡田式健康法を基にした、様々なメニューを準備しています。具体的な中身については、浄化療法、生け花や茶の湯による芸術セラピー、自然食による食改善や食育の活動など、各セミナーによって取り入れるものが若干異なっていますので、各ネットワークにご確認ください。

また、運営にあたっては、受け入れ側のスタッフとして、岡田式浄化療法・療法士などの資格を持ったボランティアの方々や、主旨に賛同する外部講師の方々など、多方面からのご協力もいただいています。

ページトップへ戻る

療院と連携したケア

花セラピーによるケア

高齢化していく社会にあって、生活習慣病の増加や医療費の高騰、老々介護問題など、様々な課題を抱えているのが現代の世相です。

こうした多くの問題は、生活習慣病から来る疾患が改善されないまま過ごしていることが多く、平均寿命は延びてはいるものの健康で年を重ねているとは決して言い難い状況です。

一般的には、在宅でのケアや介護など、ご家族だけで全てを担うのは大変なことであり、認定を受ければ保険などを活用し、在宅医療や介護支援をしてもらうことが可能です。

      

しかし、そうしたケアや支援を受ける前に、自らの心身の健康を管理し増進することを目的として活動しているのが健康生活ネットワークの特徴です。特に岡田式健康法を中心としたケアを始め、サポート医療機関である療院や、必要に応じて専門的な治療や介護が必要な方については、かかりつけ医や自治体などとも連携してサポートすることで、いつまでも健康で豊かな人生を送ることを願いとしています。また、そうしたなかで本人やご家族も安心して在宅でのケアに取り組み、自宅で安らかに最後を迎えることが理想ではないでしょうか。

各地域の健康生活ネットワークでは、岡田式健康法を中心としたボランティア活動に共に参加していただける方や、活用してみたいという皆様方をお待ちしております。ぜひ、お気軽に近くの健康生活ネットワークまでご連絡をいただければと思います。(お住まいの健康生活ネットワークについては、サイドボックスにある健康生活ネットワーク一覧からご確認、お問い合わせください)

ページトップへ戻る
Copyright(C) 鹿児島療院 All Rights Reserved.
inserted by FC2 system